マンション売買|不動産会社を選ぶときのコツを掴もう|快適な住まいをGet

不動産会社を選ぶときのコツを掴もう|快適な住まいをGet

女性

マンション売買

室内

マンションの価格

東日本大震災から5年以上経ちましたが、不動産業は現在も賑わっています。理由は2020年の東京オリンピックが土地と建物の高騰を後押ししているからです。そのため被災地域や首都圏の不動産事情は需要と供給のバランスが取れておらず「欲しいのに物件がない」という状況が続いています。ポストには「マンション高く買います。まずは査定を。」という不動産からの勧誘のチラシが届きます。立地の良いマンションは高く売れるとよく言われますが、実際どのくらい価値があるのでしょうか。外観と築年数で大まかには判断できますが、正しい価値は査定を行うほうが確実です。自宅に業者が入る事を問題視しないなら、ぜひ複数の不動産会社に査定を申し込んでください。

価格の上乗せ

複数の不動産に査定を…と言いましたが、もちろん理由があります。土地は路線価があるため最低価格は決まっており差は少ないですが、建物の部分で価値が変わるからです。築年数は判断材料にはなりますが、査定で内覧を確認し実売価格をプロの目で判断します。この「プロの目」というのは「人の目」であるという事です。査定基準は決まってはいますが「人の目」で査定を行う以上、見落としもあるし付加要素があります。極端な話だとゴミが落ちていないかだけでも変わります。そのためA社では1500万円と言われたが、B社では1550万円だったなど微差ではありますが変わってきます。また査定月でも価格は変動します。引越しのシーズン前に査定をすれば意外な結果が出る事があるのです。