個人の住まいの売り方|不動産会社を選ぶときのコツを掴もう|快適な住まいをGet

不動産会社を選ぶときのコツを掴もう|快適な住まいをGet

女性

個人の住まいの売り方

集合住宅

得になる不動産

不動産の中で、住まいには一戸建・借地権付・分譲・賃貸などの種類があります。新宿エリアのマンションは、交通の便など、利便性の高い場所に建てられ、ビジネスマンが多く住むなど、戸建が郊外向けならばマンションは都心向けです。売却だけではなく、分譲ならば賃貸として転用が容易に行え、資産も残すことができます。売却を視野に入れる場合、まずは査定を依頼し、メリットよりもデメリットをしっかり確認しておきます。個人向け不動産では、新たに購入する側の意見を取り込む必要があります。例えば、管理費や駐車場代がかかる・庭が無い・収納スペースの少なさなどが挙げられています。一戸建より、予算的に見れば新宿エリアではラクですが、購入する側にとっては得になる不動産を選択します。売却するにも、売り時やエリアによっては損をするパターンも出てくるため、無料の査定・見積りサービスなどを賢く利用したり、相談や情報収集が得策です。

購入者目線

オフィスビルが建ち並ぶ新宿エリアの不動産事情として、マンションの売却では居住形態の面で利用できるか、判断することが重要です。利用できる時間と、利用するための制約などの要素で価値を決めることができますが、制約が多ければ基本的に資産価値は低くなります。新宿エリアのマンションは、交通の便で価値が高いものの、庭が無いことや、上下階や両隣の音など、プライバシーを気にすることにもなります。騒音問題は眠らない街として周知される新宿のマンションには付き物ですが、その分、売れるまでには時間も情報を公開するための活動費などの手間もかかる場合もあります。都心で築年数も古くなく、すぐに売れる計算であっても、逆に売れ残るパターンも少なからず視野に入れておくべきで、査定判断も重要度が高い傾向にあります。